初の温泉REIT

温泉旅館に特化した世界初の温泉REITが8月中にも東京証券取引所に上場する予定だ。

名称は「大江戸温泉リート投資法人」で、米投資ファンド「ベインキャピタル」傘下の大江戸温泉ホールディングスが立ち上げた。

大江戸温泉HDはホテルニュー塩原など全国に31の温泉旅館や温泉テーマパークを所有しているが、そこから安定収益が見込める9物件をREITに売却する。

物件売却で得た資金で新たな温泉旅館などを取得・再生する。年3~5物件を取得する方針。

地方経済の活性化にも貢献していきたい考え。

(参照:日本経済新聞 2016年7月28日)














6月の首都圏における中古マンションの成約件数は3,069件(前年比-1.4%、前月比+2.3%)となった。

成約価格および平米単価はともに前年比プラスとなり、2013年1月から42カ月連続で前年同月を上回った

件数:3,069件 単価:47.77万円/㎡ 価格:3,016万円 専有面積:63.14㎡ 築年数:20.67年

中古マンション販売 2016年6月

Note: 首都圏=東京、千葉、埼玉、神奈川
Greater Tokyo includes Tokyo, Saitama, Chiba, Kanagawa Prefectures

Source: レインズ REINS, Market Watch (June, 2016)

不動産経済研究所が発表した6月の首都圏マンションの発売戸数は3,050戸で前年同月比12.9%減となった。7カ月連続で減少し、同月としては1992年以来の低水準だった。

契約率は69.6%と好不調のメド7割を下回った。

1戸あたりの平均価格は5,672万円(前年同月比2.5%減)、平米単価82.3万円となり、価格単価ともに昨年5月以来13カ月ぶりの下落となった。

新築マンション販売  2016年6月
新築マンション価格 2016年6月

(参照:不動産経済研究所)

外国人観光客の伸びに勢いが戻っている。日本政府観光局が発表した6月の訪日客数は198万5700人と前年同月23.9%上回り、同月としては過去最高を記録した。

熊本地震で訪日を控えていた客の増加などが追い風となっているが、牽引役のひとつは中国などからのクルーズ船の来航ラッシュだ。

国土交通省によると、6月の外国船の寄港は156回と前年同月よりも77%増加した。室蘭港や横浜港などに寄港し、4000人を超す観光客が買い物に繰り出す光景もみられた。

ただ、「爆買い」といわれる訪日客消費は勢いを欠いている。観光庁発表の4~6月の旅客一人当たりの消費は15万9930円と前年同期に比べて9.9%減った。客数は増えたため、全体の消費額は7.2%増とプラスを維持したが、変調は鮮明となっている。

(参照:日本経済新聞 2016年7月21日)

 | ホーム |  前のページ»»